半月板損傷をしたスペインのサッカー選手

半月板損傷をしたスペインのサッカー選手

右ひざ半月板の関節鏡手術を行ったのがGKマシュー・ライアンです
スペインのバレンシアのGKマシュー・ライアンが受けたのが、右ひざ半月板の関節鏡手術です。この半月板が損傷すると、膝の痛みや腫れといった症状が現れてきます。動きによって痛みが増悪することもあり、日常生活でも支障が出てくることが多いのです。

 

 

バレンシアのGKジエゴ・アウヴェス選手が外側半月板損傷
スペインのバレンシアのGKジエゴ・アウヴェス選手はアルメリア戦で外側半月板損傷を負傷しました。GKの交代は一般的に負傷や退場によるものが多いです。特にPKストッパーで知られるGKジエゴ・アウヴェス選手の負傷はブラジル代表としても痛い話でした。  GKは体を張って止めるポジションですから、負傷も多いです。そのため、キックの精度やセービングだけではなく、コーチングも大切な技術になってきます。

 

 

チェルシーのGKティボー・クルトワが右ひざ半月板の手術のために長期離脱
スペインのチェルシーのGKティボー・クルトワが練習中に右ひざを負傷したため、右ひざ半月板の手術をすることになりました。その結果長期離脱することとなり、その間の代役は今年入団したアスミル・ベゴビッチが務めることになりました。

 

 

スペインのマラガCFのGKイドリス・カメニ選手が右ひざの半月板を負傷
スペインのマラガCFのGK、イドリス・カメニ選手が今月5日のリーガスエスパニョーラ第28節デポルティボ戦で右ひざの半月板を負傷しました。手術は成功しましたが、復帰までには6週間かかるとみられています。カニメの不在を補っているのは、ライバル関係にあったメキシコ代表のギジェルモ・オチョア選手です。グラシア監督はオチョアに対する信頼を示し、不安はないと語っています。