半月板損傷した元プロ野球選手

半月板損傷した元プロ野球選手

元プロ野球選手の清原和博のケガについて
元プロ野球選手の清原和博は左膝半月板損傷という大きなケガを抱えました。2005年の8月1日に判明し、31日には手術を受けました。しかし、清原選手は痛みに耐えながら、動ける状態ではないながらも強行出場を続けていました。

 

 

元阪神タイガースの林威助さん左膝半月板負傷
元阪神タイガースの林威助さんは、左膝半月板負傷を患いましたが、しっかりとしたリハビリのおかげで、また野球界に復帰しています。 左膝半月板負傷は、野球選手にとって、致命的な怪我になってしまいますが、リハビリをしっかり行えば復帰ができることを証明されました。

 

 

中村紀洋選手の右ひざ負傷と手術
プロ野球の中村紀洋選手は近鉄時代の2003年5月に右ひざを痛め、6月に右ひざ半月板損傷と診断されました。本人は試合に出ながら治すと試合に出場し続け、成績は前年より振いませんでした。全試合終了後の10月になってから半月板の手術をしました。

 

 

大物! ソフトバンクの松中信彦選手
ソフトバンクの松中信彦選手は、ホームランの王でした。2004年に右膝半月板の手術を緊急に行いました。その後は、膝への不安もありながら、2005年には、プロ野球史上初の三年連続120打点以上を4度達成するなど、偉業を果たしてきました。これは、怪我の回復に専念していたからといえます。しかし、怪我が無ければ、もっと偉業を成し遂げたはずです。つまり、健康であることが大切で、なにより注意すべきなのです。

 

 

ドアラが半月板を損傷
ドアラと言ったら中日ドラゴンズのマスコットで絶大な人気を誇っています。バク転が有名です。そんな中で2015年8月に左膝の調子が悪くて病院に行ったら半月板を損傷していたのです。ジーズンか終了して手術をし、リハビリを行っているのです。