半月板損傷をしたJ2の東北地方のサッカー選手たち

半月板損傷をしたJ2の東北地方のサッカー選手たち

J2モンテディオ山形のDF渡辺広大選手の右膝半月板損傷とは
モンテディオ山形に所属しているDF渡辺広大選手が、この疾患で手術を受けました。全治8週間はかかります。 この疾患は、右膝の関節に体重による大きな負荷がかかり酷使することで半月版が欠けてしまったり断裂するといった状態の事を意味します。

 

 

モンデディオ山形の鈴木雄斗選手が全治4週間のけが
2016年3月、J2リーグのモンテディオ山形に在籍するFW鈴木雄斗選手が全治4週間のけがをしました。鈴木選手は練習中に右膝内側半月板損傷と診断されました。鈴木選手は前年12月にモンテディオ山形に移籍してフォワードとして活躍しています。

 

 

コンサドーレ札幌・MF深井一希選手が右膝内側半月板損傷の重傷と判明
コンサドーレ札幌はチーム所属のMF深井一希選手が、右膝内側半月板損傷の重傷を負ったことを発表しました。深井選手は7月8日の大宮アルディージャ戦で負傷退場し、その後の検査で右膝内側半月板損傷が判明しました。全治は発表されていません。

 

 

J2コンサドーレ札幌MFニウド(21)選手が右膝外側半月板切除の手術から回復
J2札幌MFニウド(21)選手は6月に受けた右膝外側半月板切除の手術から回復し、札幌で行われたチームの全体練習に参加しました。 「状態もよく、モチベーションも高いよ。支えてくれた人に恩返しがしたい」と語り、試合への本格復帰に意欲をみせました。