半月板損傷をしたJ2のサッカー選手たち

半月板損傷をしたJ2のサッカー選手たち

半月板損傷をしたスペインのサッカー選手

 

 

半月板損傷をしたJ2の東北地方のサッカー選手たち

 

 

埼玉県のJ2大宮アルディージャのDF高瀬優孝選手の右膝内側半月板損傷について
大宮アルディージャのDF高瀬優孝選手は8月9日の練習試合にて負傷し、右膝内側半月板損傷との診断が下されてしまいました。 全治2か月とされているため、DF高瀬優孝選手は現在も早期復帰に向けてリハビリ活動を続けています。

 

 

J2ツエーゲン金沢の金子昌広選手
J2ツエーゲン金沢の金子昌広選手は、試合中に左膝外側半月板損傷を起こしたのです。サッカー公式戦で他の選手と衝突して、左膝外側半月板を痛めたのです。 その後、金子正広選手は、病院で左膝外側半月板の手術を受けたのです。

 

 

右膝半月板損傷を克服した馬渡和彰選手
ツエーゲン金沢の馬渡和彰選手は、8月中旬に右膝半月板損傷の故障を負っていました。その右膝半月板損傷は、全治3ヶ月で、リハビリを強いられていました。今では、その故障を治して、プロのアスリートとして、実戦復帰しています。

 

 

J2FC岐阜の川口能活選手
FC岐阜の川口能活選手は、右ひざ半月板を痛めたことがあります。 ゴールキーパーの練習中に、右膝の半月板に違和感を作ったことが原因です。 その後、川口能活選手は、専任のドクターにマッサージの治療を受けたのです。

 

 

右膝内側半月板断裂の重傷を負った長野県の松本山雅FCのドリバ契約解除
6月14日の練習試合中に右膝内側半月板断裂の重傷を負った松本山雅FCのドリバは両者合意のもと所属チームとの契約を解除となりました。 今後、チームでリハビリを行い、完治したあと、ブラジルに帰国するとみられます。

 

 

J2セレッソ大阪の秋山大地選手、左膝外側半月板損傷で手術
J2C大阪の秋山大地選手(21)が、11月18日に正田醤油スタジアム群馬で行われた群馬戦において左膝外側半月板損傷を負い、23日に手術を受けました。全治2ヶ月の見通しで、今季中の復帰は難しいとのことです。

 

 

セレッソ大阪の山口螢選手の右膝半月板手術について
セレッソ大阪の山口蛍選手は右膝半月板手術を行いました。2014年の秋に右膝半月板を痛め、手術をしています。そのシーズンは復帰しませんでしたが、2015年の夏にあった東アジアカップでは韓国戦で1ゴールをあげるなどし、復帰後も活躍しています。

 

 

香川県のカマタマーレ讃岐の古田寛幸選手は左膝外側半月板損傷で休養
カマタマーレ讃岐の古田寛幸選手は相手のシュートをブロックした時に左膝外側半月板損傷による全治4-6ヶ月の重傷を負いました。膝の内外側2つある半月板のうち外側半月板は膝の外側からの外傷や膝を逆に伸ばした時に損傷することが多く、膝の曲げ伸ばしの時のひっかかりや異音、膝を過伸展した時に痛みを感じます。

 

 

J2アビスパ福岡の中村北斗選手がかつて負傷したことについて
アビスパ福岡の中村北斗選手はサッカーの選手です。現在のチームに移籍する前、FC東京というチームに所属していた2012年に右膝内側半月板を負傷した経験があります。復帰はしたものの、結局その後一度も公式戦に出ることのないまま同チームを離れることになりました。

 

 

中村航輔選手の右ひざ外側半月板損傷について
J2リーグアビスパ福岡のゴールキーパー中村航輔選手は2013年の12月、自主練習中に右ひざ外側半月板損傷という大怪我を負ってしまいました。長期の離脱を余儀なくされてしまい、復帰は翌年になってしまいました。,