半月板損傷をしたサッカー選手

半月板損傷をしたサッカー選手

 

半月板損傷をしたJ2のサッカー選手たち

 

半月板損傷したスポーツ選手

 

半月板損傷をした女子サッカー選手(なでしこ)

 

 

 

アルビレックス新潟・DF松原健選手が右外側半月板損傷の重傷で手術
アルビレックス新潟はチーム所属のDF松原健選手が、右外側半月板損傷の重傷のため4月24日に手術を行ったことを発表しました。松原選手は昨年終盤から右膝を痛めていました。今季は出場がなく、復帰には5ヶ月を要する見込みです。

 

 

サガン鳥栖・FW平秀斗選手が半月板損傷と前十字靭帯断裂のため手術
サガン鳥栖はFW平秀斗選手が、半月板損傷と前十字靭帯断裂のため手術を行ったことを発表しました。手術は6月25日に行われ、全治8ヶ月の見込みです。平選手は4日の練習中に右足を負傷していました。これにより今季の出場は絶望的になりました。

 

 

右膝半月板損傷を隠して鹿島アントラーズに入団した為、加入取り消しに
鹿島アントラーズのFWジネイ選手は、強力な攻撃の起点として期待されていましたが、鹿島アントラーズへの入団前に右膝半月板損傷していたにも関わらず、病状を報告せず隠して入団したために加入が取り消しとなりました。

 

 

ダヴィの外側半月板について
2014年、鹿島アントラーズで最高の得点を取っていたダヴィが柏レイソル戦で負傷してしまいました。ホームドクターの診断の結果、左膝の前十字靭帯の損傷、外側半月板で全治8ヶ月と診断されました。鹿島アントラーズとしても、ダヴィの離脱はとても痛いものとなりました。

 

 

川崎フロンターレの小林悠が右膝半月板の損傷と診断
川崎フロンターレの小林悠は7月21日の日曜日の練習中に負傷してしまいました。 この負傷原因を7月24日に川崎市内の病院にて検査を行ったところ右膝半月板の損傷と診断されてしまいました。 同日に手術を受け、全治8週間を要するという結果となってしまいました。

 

 

川崎フロンターレのDF山越享太郎が左膝の手術
川崎フロンターレの山越享太郎が左膝外側半月板損傷の治療の為、10月16日に川崎市内の病院で手術を受けました。山越は以前から左膝の負傷に悩まされており、精密検査の結果を受けて今回の手術となりました。全治2ヶ月の見通しです。

 

 

J1川崎Fの登里享平
J1川崎Fの登里享平選手は、キャンプの練習中に左膝半月板損傷を起こしたのです。原因は左膝半月板に違和感があったのです。 その後、登里享平選手は、大学病院で左膝半月板の治療を受け、医師から安静が必要だと指示を受けたのです。

 

 

FC東京の石川直宏さん、内外側半月板損傷について
FC東京の石川直宏さんは内外側半月板損傷と左膝前十字靭帯損傷のため全治8ヶ月の診断を受けていました。そして8月20日には埼玉県の病院で手術を受けていたことが明らかになりましたが、復帰は来年の開幕以降になるとのことです。

 

 

ジュビロ磐田のDF木下高彰が左ひざ外側半月板損傷で手術
ジュビロ磐田のDF木下高彰が左ひざに違和感を感じて検査した所、損傷していたことが分かりました。 なので左ひざ外側半月板損傷で手術することになり出場機会がありませんでした。 DF木下高彰は大きなけがを乗り越えてジュビロ磐田のために頑張ります。

 

 

柏レイソルの近藤直也さんもなった左膝外側半月板損傷について
柏の近藤直也さんもなった左膝外側半月板損傷とは、膝関節にある外側の半月板を損傷する事を言います。交通事故等が原因となって発生する事もありますが、特に多いのがスポーツをしていて発生するケースです。そのためサッカー等のように、脚をよく使うスポーツの選手に発生しやすいという特徴があります。

 

 

ヴァンフォーレ甲府の土屋征夫選手
ヴァンフォーレ甲府の土屋征夫選手は、大ベテランのディフェンダーです。2014年に、右ひざ半月板および左ひざ前十字靭帯を損傷しましたが、不屈の精神で復活しました。41歳となる2015年には、チームにとって欠かせない存在であるだけでなく、ゴールを決めれば、J1歴代最年長ゴールの記録となります。

 

 

横浜F・マリノスの仲川輝人選手が右ひざ外側半月板損傷
11/20(金)、横浜F・マリノスの仲川輝人選手が右ひざ外側半月板損傷と診断されました。 全治8週間の見込みだそうです。 半月板の損傷は、スポーツなどでひざを強く打ったり、激しく動かしたときに起こるものです。 ひざに力が入らなかったり、ひざの曲げ伸ばしができなくなったりするようです。

 

 

サンフレッチェ広島のFW浅野拓磨選手は膝に爆弾を抱えています
2016年リオ五輪の最終予選の大活躍により、一躍人気プレイヤーの仲間入りしたサンフレッチェ広島のFW浅野拓磨選手は、昨夏に半月板をケガしていたことが明かになりました。その半月板のケガは完治はせずに爆弾を抱えたまま現在もプレー中なのです。