半月板損傷したスポーツ選手

半月板損傷したスポーツ選手

半月板損傷をした海外のサッカー選手

 

半月板損傷したNBAのバスケットボール選手

 

半月板損傷した力士

 

 

 

柔道の野村忠宏が北京五輪出場を逃した怪我とは
柔道の野村忠宏は、柔道においては史上初となる五輪三連覇を達成し、更に北京五輪での四連覇を目指していましたが、右膝半月板を含む複合損傷などの大怪我を負い、最終選考会で敗退して四大会連続出場を逃しました。その後、右ひざの手術を行いロンドン五輪を目指しましたが叶うことはなく、40歳で現役を引退すると発表しました。

 

 

プロレスラー近藤修司選手が全治3カ月と診断されたと発表しました
プロレスラー近藤修司選手が精密検査の結果、 「右内側側副靱帯の急性損傷」、「膝蓋骨内側支帯の急性損傷」、「外側半月板前節の水平断裂」で 全治3カ月と診断されました。 既に決まっていた大会は欠場となり、復帰時期については医師と相談の上で決定してくと発表しています。

 

 

男子テニス高畑寿弥さん半月板損傷
男子テニス高畑寿弥さんは以前、半月板を傷めた経験があります。この疾患とはどのようなものでしょうか。半月板はひざ関節の中にあり、スムーズな膝の動きを助けるクッションの役目をった軟骨です。損傷原因の多くは運動によるもので、特に激しい運動の結果起こります。また根本的な原因は疲労によるものとも考えられており、予防としてはストレッチと入浴が有効だと言われています。

 

 

女子バドミントンの佐藤冴香の半月板損傷
女子バドミントンの佐藤冴香は、ロンドン五輪の決勝トーナメント一回戦で半月板損傷という大きな怪我にあいました。試合は、途中棄権で全治一ヶ月という結果になり、悔しい五輪となってしまいました。復帰後も痛みとの戦いでした。

 

 

バドミントンの奥原希望さんは2度の半月板損傷を経験しています
バドミントンの奥原希望さんは日本のスポーツ選手で、2度の半月板損傷を経験しています。1度目は高校時代の2013年、左膝でした。それにも負けずプロとしてデビューした翌年にも、今度は右膝に半月板損傷を負います。たった2年も間に両膝を故障したわけです。

 

 

競輪の石井貴子選手が靱帯などを損傷した
競輪の石井貴子選手が、2015年7月12日に行われたミッドナイト競輪2回戦で落車し、右膝半月板損傷してしまいました。その後の復帰戦では見事調子を取り戻し、結果を出していましたが、本人は全然満足していない様子でした。

 

 

俳優の市村正親が右ひざ半月板を損傷について
俳優の市村正親の半月板を損傷は、膝関節の曲げ伸ばしに痛みやひっかかりを感じたりします。膝の水の関節液がたまったり急に膝が動かなくなりロッキングという状態になり歩けなくなるほど痛くなります。スポーツ等の怪我や加齢により傷つきやすくなっている半月に外力が加わって損傷することがあります。

 

 

声優を務める南條愛乃が半月板損傷
人気アニメで声優を務める南條愛乃が、半月板損傷で現在治療中です。原因は、先天性の膝蓋骨亜脱臼とのことで、生まれつき膝の皿が正しい位置にないという状態だったにもかかわらず、ステージなどで激しい動きを繰り返したためこのような症状となったとのことです。