半月板損傷をした海外のサッカー選手

半月板損傷をした海外のサッカー選手

半月板損傷したプロ野球選手

 

 

半月板損傷をしたドイツでプレーするサッカー選手

 

 

インテルDFドドーの復帰とポジション争い
インテルDFドドーは、試合中に左ひざ半月板を負傷したことにより、シーズンを一足早く終えていました。 しかし復帰できる状態になり、ポジションの獲得の意気込みを会見で語っています。 このことにより、ポジションの争いが厳しい状態になっています。

 

 

半月板手術をしたDFアントニオ・リュディガーのチーム名はローマ
7月に半月板手術をし、現在も回復途中のドイツ代表のDFアントニオ・リュディガーですが、ローマ(イタリア)が1年間の期限付き移籍で獲得したことを発表しました。 DFアントニオ・リュディガーの新しいチーム名は「ローマ」となりました。

 

 

アルベルト・グラッシ選手が手術
ナポリ(イタリア)のMFアルベルト・グラッシ選手が、半月板の内視鏡手術を行いました。アトランタからナポリへ移籍したその日の練習中に、右ひざを痛めてしまったのです。そのまま検査・手術を行い、リハビリを始めています。

 

 

ドログバ選手が半月板の手術
FWディディエ・ドログバ選手はカナダのモントリオール・インパクト移籍が決まった際、半月板の手術についての内容がクローズアップされました。主な理由としては、「選手生活を続けたい」という彼の強い意志であったのです。